アニマルコミュニケーションとは

アニマルコミュニケーションとは、飼い主さんがご自身や家族・ペットちゃんに向き合い、理解と絆を深め、より幸せに過ごしていくためのツールです💓 

アニマルコミュニケーターである私はペットちゃんの魂と繋がりますが、中立の立場で互いの想いを橋渡しします。魂に繋がるので、お空の子ともお話することが出来ます。
まずペットちゃんへ挨拶をします。
そこで感じた事や伝えてきた事があれば、それを飼い主さんへお伝えします。

それに加え飼い主さんから『この行動はどうしてするの?』『きょうだいペットちゃんとうまくいかないんです』など、ペットちゃんへ聞きたいと思っていた事、悩んでいた事をお伺いし、話を進めていきます。
家族である大事なペットちゃんたち。
普段飼い主さんも、
『こう思っているのかな』
『これが好きだよね!』
『お留守番寂しいよね、ごめんね』
という風に、ペットちゃんのことを考え、感じていると思います。

けれど、考えるだけでは分からない部分や、どうしたらいいか分からないと悩むこと、お空にいってしまった子に気持ちを伝えたいなど…そういった事もあると思います。

ペットちゃんたちも同じです。
ペットちゃんたちは、家族の気持ちやエネルギーを感じ取るのがとっても上手。

ママが嬉しそう!
パパ、げんきない…どうしたの?
おねぇちゃん、おこってる…どうして?

感じ取るのは上手だけど、人間のように《理屈》は分からない。ペットちゃんなりに伝えようと行動してみても、喋れないし伝わらない…

お互いに伝わらなくて、見た目には《問題に見える行動》が増えてしまったり、関係が悪化したり…

お互い大事なのに、だからこそうまくいかないってこと、ありますよね。

そんな時に私が間に入り通訳することで、色々絡まったものをほどいてエネルギーを通し、より愛のある方向へ進むきっかけになります。

またセッションで出てきた不要になったトラウマや感情をヒーリングする場合もあります。

ですがペットちゃんの気持ちを聞いてその後どうするのかは、飼い主さん次第。

私は通訳者としてきっかけをお渡しするだけなので、私が問題を解決したり、問題行動(と飼い主さんが思っているもの)を直すわけではありません。

そして普段、その感覚がなくても、ペットちゃんと一番繋がっているのは、飼い主さん自身。

飼い主さんがペットちゃんを想い、向き合おうとするからこそ、その時必要な返事が届きます💓

私のセッションは人と人が話するように、『どこ出身?』『甘いもの好き?』と簡単に会話してる訳ではありません。

すぐに返事がくることもあれば、微細なエネルギーを感じ取って言葉にするのに、かなりのエネルギーを要することもあります。反応が全くない…💦という事もあります。ふとした飼い主さんの言葉に、突然反応する事もあります。

だからこそ、アニマルコミュニケーションは飼い主さんがご自身とペットちゃんに向き合うためのツール》なのです。
🍀セッション当日について🍀

当日はなるべくセッション後に予定を入れず、のんびり過ごしてください。

私もお話した後は疲れますが、ペットちゃんや飼い主さんも話をしながら聞くだけ…のようで、けっこう疲れる方もいらっしゃいます。

「セッションの後一緒に寝てしまった」
「何だかすごく側に居たくなって、急いで帰りました」等言われる方もいます。

なるべくセッションの後は水分を取り、ペットちゃんとゆっくりのんびり、触れ合って休んでくださいね😊

*セッション中はペットちゃんは好きなようにさせておいて大丈夫です。
🍀私のペットちゃんとのお話のしかた🍀

私は現在、写真を通してお話しています。
実物は動きますし、かわいくてセッションをする私ではなくて“動物好きな普段の私”になってしまうので苦手意識があり、していません。微細なものを感じ取るので、写真で集中したいのもあります。

ペットちゃんからの返事は、主に視覚と感覚で受け取っています。

視覚は、ペットちゃん自身が見ている景色が見えたり、ドラマのようにペットちゃんも含めた全体的な映像が見えたり、質問に対する答えである「物」だけ見えたりします。色のイメージが見えることもあります。

感覚は説明がむずかしいのですが、「これだ」と分かる感じです。

感情や身体の感覚など、私の体感として伝えてくれる時もあります。

どちらの場合も、私の魂がその子の中に入って、その子が見てるものや感じてるものをそのまま受け取っているという感じです。 

でも完全にその子になるわけではなく、きちんと一線引いて、客観的にみています。

受け取ったものを違う意味にしてしまわないよう気を付けながら、お伝えしています。

私からペットちゃんへ伝える時は、基本的には言葉なんですが、『これは言葉では難しいかな?』と思う事は、感情や感覚を思い起こして、それを伝えることもあります。

飼い主さんも普段ペットちゃんに話しかける際は、言葉だけに頼らず、言葉の意味と気持ちも乗せるイメージで伝えてみてくださいね💓